マウスピース(インビザライン)矯正なら、豊中市岡町の【まつもと歯科】にお任せください。

まつもと歯科(インビジブル矯正歯科センター豊中)

マウスピース矯正治療サイト

〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚2-20-12

診療時間
平日9:30〜13:00/15:00~20:00
土曜9:30~13:30/15:00~18:30
休診日
水曜・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

06-6852-4644

インビザラインと他の矯正装置との比較

一般的なワイヤーをつかった矯正装置との比較

インビザライン(マウスピース矯正)の特徴

透明なマウスピース型の矯正装置です。装着していても「目立たない」、取り外せるので「いつも通りに食事や歯磨きが行える」、装置が薄いので「違和感が少ない」という特徴があります。2週間ごとに新しいマウスピースへ交換していくことで、理想の歯並びに近づけていきます。

目立たず、そして違和感も少ないので、人前に出る職業の方に支持されています。また、ご自身で取り外しができるので、結婚式や成人式、そして就職活動の面接など、大切なライフイベントを控えた方にもおすすめです。

インビザラインのメリット
  • 矯正装置は透明に近く、目立ちません
  • 取り外しができるで、いつも通りに食事を楽しめます
  • 外して歯磨きが可能、衛生的で虫歯や歯周病になりにくい
  • 金属アレルギーの方も安心して矯正治療ができます
インビザラインのデメリット
  • 患者様自身が装着時間を守らないと治療が進まない
  • 全ての症例に適応できるわけではない
  • 抜歯をする症例では、ワイヤーを使った矯正よりも長い期間がかかる

セラミック矯正(表側矯正)の特徴

歯の表側にブラケットと呼ばれる装置を取り付け、ワイヤーの弾力を利用して歯列を整えます。

表側矯正装置の中では、歴史が深く、それだけ症例研究も多くなされており、治療方法が確立されています。

当院ではセラミックブラケットとホワイトコーティングしたワイヤー組み合わせて、表側矯正であっても目立たない矯正装置を使用しています。

セラミック矯正のメリット
  • セラミック矯正は、白くてキレイです
  • 表側の装置は、発音に影響しません
  • すべての症例に適応できます
  • リンガル矯正に比べると矯正料が安価です
セラミック矯正のデメリット
  • 表側に矯正装置を着けるので、見えてしまいます

リンガル矯正(裏側矯正)の特徴

リンガル矯正は、歯の裏側に矯正装置をつけるので、表側からは矯正装置が見えにくいため、周囲の人から矯正していることに気付かれずに治療をすすめることができます。ただし、他の矯正装置と比べて違和感が大きく、発音しづらくなります。また、治療期間も長くなりがちです。当院では、リンガル矯正を実施しておりません。

 
リンガル矯正のメリット
  • 歯の裏側に矯正装置を着けるので、目立たない、見えない
  • 裏側の矯正装置は、唾液の作用で虫歯になりにくい
  • 前歯を引っ込めやすい(出っ歯を改善しやすい)
リンガル矯正のデメリット
  • 歯の裏側に矯正装置を装着すると違和感がある
  • 発音しづらくなる
  • 表側矯正と比べると矯正料が高価

他のマウスピース矯正との違い

クリンチェック

数あるマウスピース矯正の中でのインビザラインの優位性は、インビザライン患者400万人の臨床データが一元管理されているため、これまで蓄積された臨床上のデータから、患者様各人にあった最適な高い治療計画を導き出せることです。また、クリンチェック世呼ばれる3Dシミュレーションにより矯正治療の開始から終了までを患者様自身が自分の目で確認できる、およその治療期間が判明する、という大きなメリットがあります。

マウスピースの精度

インビザライン以外のマウスピース矯正は、歯が移動するたびに、歯型を採取して新しいマウスピースを製作します。マウスピースは、歯科技工士がひとつずつ手作業で製作するので、どうしてもマウスピースの精度にバラつきが生じてしまいます。歯科技工士の技術レベルが高くないと、計画通りに歯を動かす効果が期待できません。その点インビザラインは、最先端技術である3次元画像化技術と光造形技術によりオートメーションで製作するため、高い精度が保証されます。このように、同じように見えるマウスピース矯正も、そのしくみや特徴はまったく異なります。数

無料矯正相談を実施しています

お電話でのご予約・お問合せはこちら

06-6852-4644

診療時間:

平日/9:30~13:00 15:00~20:00

土曜/9:30~13:30 15:30~18:30

休診日:水曜・日曜・祝日